人間の脇の下には汗が放出される汗腺があります。

この汗腺は、アポクリン汗腺とエクリン汗腺と呼ばれるものです。


普通の人は、これらの汗腺から出る汗の量は少ないと言います。



しかし、ワキガの人はアポクリン汗腺から放出する汗の量が多く、多汗症の人はエクリン汗腺から放出される汗の量が多くなります。また、アポクリン汗腺から出る汗には、ワキガ特有の匂いは無く、アポクリン汗腺から出る汗と、皮膚にいる雑菌が混ざり合わさることで、ワキガ特有の匂いへと変化していくのです。




また、エクリン汗腺から出る汗の大半は水分であり、約99%がこれになります。
しかし、残り1%は、塩分や尿素、アンモニアなどの成分が含まれているのです。

但し、多汗症の汗は、匂いなどはなく、大量に汗を放出すると言う違いがあるのです。



汗の量をコントロールする事で、ワキガや多汗症の治療は可能になります。

汗の量をコントロールするためには、原因とされる汗腺を除去していく事になりますが、除去を行うと、傷痕が残ると言う事や、皮膚や血管などに損傷が起きる可能性があるというデメリットがあります。

海外などでは、ワキガや多汗症の治療に、特殊な治療器具を利用した方法で治療が行われていました。



この治療はミラドライと呼ばれるもので、マイクロウェーブを皮膚に照射させることで、汗腺部分に光が透過され、汗腺を破壊して治療を行うものです。


ミラドライは、海外から国内にも伝わり、現在では美容外科や美容皮膚科などの病院施設の中で利用が行われています。


マイクロウェーブを照射させるミラドライは、汗腺を除去せずに治療を行う事が出来る事からも、切らずに出来る治療として注目されているのです。

切らずに治療が出来る方法は、ミラドライ以外にもボトックスによる治療などもありますが、ボトックスは持続効果が長くは無く、効果が薄くなると再び施術を繰り返す事になります。
その点、ミラドライの持続効果は半永久的と言われており、ワキガや多汗症の治療にミラドライが利用されるケースが増えているのです。



http://crd.ndl.go.jp/reference/modules/d3ndlcrdentry/index.php?page=ref_view&id=1000015235
http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2012/0203/480299.htm
http://www.jsn.or.jp/