ワキガの治療や多汗症の治療は、それぞれの汗の原因とされる汗腺を除去して行われる事が多くなります。

しかし、除去手術を行うと、メスを使っての汗腺除去となりますので傷痕が残ると言うデメリットがあります。

多汗症は、エクリン汗腺から出る汗の量が多い場合に起きる症状で、ワキガは、アポクリン汗腺から出る汗の量が多い場合に起きる症状です。さらに、ワキガの場合は、皮膚にある雑菌と、アポクリン汗腺から出て来る汗が混ざる事で、ワキガ特有の匂いを放出する事になります。
そのため、多汗症やワキガの治療は、確実に行うのであれば、汗腺を除去する事が大切なのです。

傷痕が残る事に不安を持つ人は多いものです。



この傷痕は、脇の下と言う事もあり、目立たない場所ではありますが、傷が残るのは嫌だということで、他の方法でワキガや多汗症の治療を行う人も多いのです。



ボトックスなどを利用した治療方法もあります。
これは一時的に多汗症やワキガなどの治療に役立てられますが、持続効果は短いものとなります。


そのため、持続効果を期待するためには複数回の施術を受ける必要があるのです。

最近は、ミラドライと呼ばれる医療器具を使ったワキガや多汗症の治療が可能となっています。



ミラドライは、患部を切除する事なく治療を行う事が出来る方法です。

ミラドライは、患部にマイクロウェーブの波長を持つ光を照射させて、アポクリン汗腺やエクリン汗腺を破壊し、治療を行う方法です。
光は熱を持ちますので、ミラドライで施術を行う時は麻酔を行い治療を行う事になります。
両脇の治療を行う時間は、ミラドライで行えば約1時間程度の時間の中でワキガや多汗症の原因となる汗腺を破壊し治療を可能にしてくれます。

また、ボトックスなどの治療と異なり、持続効果も長くなるのが特徴で、切除をしなくても長い期間多汗症やワキガなどから克服出来る方法と言えるのです。



ミラドライは、汗腺を除去する方法とは異なり、汗腺を破壊していきますので、肌に影響が起きたり、傷が残るなどのデメリットが無いと言える方法なのです。



http://www.onh.go.jp/seisaku/cancer/kakusyu/gan.html
http://www.kda8020.or.jp/
http://www.ctrp.mext.go.jp/assign/arp3.html